About sleep 睡眠のお悩み

運動はいつ行うと睡眠に効果的?

私たちが感じる眠気は体温リズムと深く関わっています。昼間に活発に動いて体温を上げておくと、夜はスムーズに体温が下がりやすくなり、自然に眠りにつきやすくなります。
私たちのふだんの生活の中で、重要な役割を果たしてくれる一つに、運動があります。運動をすると、全身の血液循環がよくなり体温が上昇していきます。その後、2~3時間すると、今度は熱放散が行われ、急激に体温が下がっていきます。この体温が下がるタイミングをうまく利用するのが、寝つきをよくするコツになります。したがって、夜の眠りのための運動は、午前中よりも、夕方から寝る2~3時間前の間に行うのが効果的です。
通常、体温は、夕方6~8時頃にピークに達します。このあたりから運動を取り入れると、体温がさらに上昇しやすくなります。体温がスムーズに落ちる落差を利用することで、自然に入眠しやすくなるのです。
(早稲田大学助教 有竹清夏 著)