About sleep 睡眠のお悩み

お酒は眠りによい?わるい?

ナイトキャップや寝酒という言葉があるように、お酒は寝つきをよくしますが、眠りを分断し、深い眠りを妨げます。たしかにお酒は、ストレスを紛らわせ、身体の血行をよくして寝つきやすくします。ところが、眠りに入った後、アルコールは深い眠りを妨げ、早朝覚醒や中途覚醒(早朝や夜中に目覚めてしまう)を引き起こしやすいことがわかっています。
たとえば、寝つき際にお酒を飲むと朝方に目が覚めて、トイレに行って戻った後、寝つけなくなることはありませんか。これは目覚めが良いのではなく、浅い眠りのために早朝覚醒を起こしてしまっているのです。夜間に必要な睡眠が取れていないので、日中に眠くなったり、疲れやすくなったりして作業能率が低下することもしばしばあります。
また、夜中にトイレに起きる回数も多くなります。これはお酒が深い眠りを妨げているとともに、アルコールの利尿作用が働いていることも考えられます。お酒を飲むときは、夕食の時間にほどほどに飲むのが良いと言えるでしょう。
(早稲田大学助教 有竹清夏 著)