About sleep 睡眠のお悩み

カフェインはコーヒーだけ?眠りによくない?

カフェインはコーヒーや紅茶などに多く含まれており、覚醒作用があります。通常は、カフェインを摂取後30分くらいから効き始め、持続時間は通常4~5時間といわれています。そのため、夕方以降に飲むと、寝つきが悪くなり眠りに入ってからも、深い眠りが起こりにくくなります。
そのほか、カフェインはお酒と同様に利尿作用もあるため、夜中に目覚めてトイレの回数が増えがちです。そしてその後、目がさえて眠れなくなってしまうこともあります。
カフェインは、コーヒーや紅茶の他、玉露などの緑茶、ウーロン茶、ココア、コーラ、チョコレートにも含まれています。また、栄養ドリンクといわれるものの中にはカフェインの覚醒作用で一時的に元気をつけるタイプのもの、風邪薬や鎮痛薬の中にもカフェインを含むものがあります。風邪気味だから栄養をつけようということで、このタイプの栄養ドリンクを合わせて薬と一緒に飲んだりすると、カフェインの作用でかえって眠りの質が悪くなることがあるので注意しましょう。栄養ドリンクを買うときは、成分表示を確認して、カフェインが入っていないタイプのものを選ぶことも必要です。
寝つきやすく、また眠りの質を良くするには、夕食後にカフェインを控えるのがよいでしょう。 (早稲田大学助教 有竹清夏 著)