About sleep 睡眠のお悩み

最適なお風呂の入り方は?

入浴する時のポイントとなるのは、お湯の温度と入浴する時間帯です。お湯の温度は、38〜40℃くらいがおすすめです。この温度はふつうより少しぬるめです。10~20分、ゆっくりつかるとからだ全体が温まっていきます。同時に筋肉のコリがほぐされて、リラックス効果も得られます。
42℃以上の熱いお湯に入ると、疲れがとれる感じがしますが、身体が温まりすぎて、かえって目がさえてしまいます。熱いお湯でないと入った気がしないという人は、これまでよりせめて1~2℃低い温度にお湯の温度を設定して低い温度に慣れましょう。熱いお湯は、心臓に負担をかけます。健康のためにも、少しずつぬるめのお湯に慣れていきましょう。
また、寝床に就く時刻から遡って、2時間くらい前に入浴するのがよいでしょう。入浴で血行を良くし、体温を少し上げることで、体温がスムーズに下がりやすくなり、眠りにつきやすくなるのです。
(早稲田大学助教 有竹清夏 著)