About sleep 睡眠のお悩み

質の高い眠りは、自分の睡眠力を知ることから。
5つの指標に基づく、睡眠改善のためのアドバイス。

「寝つきがよくない」「熟睡した感じがしない」「夜中に目を覚ますことが多い」「朝早く目が覚めてしまう」「朝起きられない」
こうした睡眠に関するお悩みを解明し、適切なアドバイスを行うために、医学博士で睡眠研究・臨床医学分野の第一線で活躍されている遠藤拓郎先生にわかりやすく解説・アドバイスしていただきます。

睡眠力とは

睡眠を睡眠の質や改善ポイントが分かりやすいように5つの力(入眠力・深眠力・持眠力・完眠力・起床力)に分け、評価した総合力のこと。


寝つきがよくない入眠力を改善熟睡した感じがしない深眠力を改善夜中に目を覚ますことが多い持眠力を改善朝早く目が覚めてしまう完眠力を改善朝起きられない起床力を改善

解説してくれる先生はこの方

遠藤拓郎先生スリープクリニック調布院長

1963年、東京都生まれ。
東京慈恵会医科大学卒業。医学博士。
睡眠医療認定医師、精神保健指定医、精神科専門医。
スリープクリニック調布、スリープクリニック銀座、スリープクリニック青山を開院し、現在は調布院長。祖父は小説「楡家の人びと」のモデルとなった青山脳病院で不眠症の治療を始め、父は日本で初めて時差ぼけの研究を行った。
祖父の代から三代で、八十年以上睡眠研究を続ける睡眠医療の専門家。

遠藤拓郎先生